たまには今日の料理でも・・・・

 これシンプルなんですが、結構好きなんですよね。鶏のグリル。真ん中にハンバーグを詰めてます。 こんな感じ。あえてこれ以上説明はやめときますが。。。。。  で、今日のソースに、先日のパイナップルのコンフィチュール使ってみました。  作り方は、蜂蜜をキャラメル状にして、そこに赤ワインビネガーと赤ワインを入れ軽く煮詰め、塩コショウで味付け。最後にパイナップルのコンフィチュールを入れ完成。 お好みでオリーブオイル入れても美味しくなるでしょうね。 http://lescles.jp/compoture/ananas.html  出来そうですか??もっと詳しく知りたい方はレクレにて。  シンプルですがかなり美味しいですよ。どのお肉のソースにもなりそうですよね。  ここまで出来たら、普通の方も立派な料理人かもしれませんね。。。。。 是非お試しあれ。  明日で今年最後の営業になります。  さて最後は何作りますかね。。。。。。  それにしても寒いのは苦手。。。    

これだけチーズがあれば迷いますよね。。。幸せな嘆きですが・・・

  この写真、昔行ったレストランなんですが、このぐらいのチーズを試す事が出来たら、もっと日本のレストランも非日常になるんだろうな。 そこまで需要が無いのかもしれませんが。。。。 久しぶりに満足いくまで食べたいと思う今日この頃ですが・・・・・  で、一言でチーズと言っても凄く種類があって、 白カビタイプ: 原料(牛乳)を白いカビにおおわれた熟成タイプのソフトなチーズ フレッシュ、クリームタイプ: 熟成させず、製造過程の第一段階のみで仕上げるフレッシュタイプ 山羊乳タイプ: 山羊乳を原料にしたチーズ セミハード、ハードタイプ: プレスして水分を少なくした堅めのチーズ。比較的大型で、長期間熟成 ウオッシュタイプ: 塩水や酒で洗いながら熟成 ブルータイプ: 凝乳(カード)の中に青カビを植えつけて熟成を進める プロセスタイプ: 1~2種類のナチュラルチーズを加熱して溶かし、乳化剤で乳化  まずはこんな感じに分けられてて、そこからいろんな地方や国で特色があるんですね。      レクレのコンフィチュールも、いろんなチーズに合わせられるようになっています。 例えば、苺と唐辛子のコンフィチュールなんか面白いかも知れませんよ。 http://lescles.jp/compoture/fraises.html 苺の香りにバスクの唐辛子を使う事によって、優しい辛味をプラスして、これにチーズを合わせるなら、白カビタイプのものなんかと合わせると、普通においしいですよ。チーズの酸味と塩味が合わさると何とも不思議とやみつきに。赤ワインと相性が良かったです。      皆さんも他にどんなチーズに合わせたら美味しいか試してくださいね。チーズは高いチーズではなく、お手頃のもので構いませんから。  きっと楽しい食事になりますよ。  楽しい食事をする為のアイテムとしてぜひお試しあれ。  

今日はパイナップルジャムについて。。。。

 断トツでギフトなどに使って頂いてるものが、パイナップルのコンフィチュール。  チーズによく合い、しかもチーズを選ばないので、ハードのチーズや、ブルーチーズなどと合わせやすく、ワインと組み合わせやすいタイプで、レクレのスタイルを体感する入り口としてもおすすめなんです。個人的には、ハードチーズのコンテと合わせるのが好きですね。  特徴としては、フェンネルがバランスよく効いてるので、癖になりますよ。 そのままでも、お肉のソースになるので万能です。    この写真は、黒コショウとオリーブオイルを加えてソースにしたものなんですが、 しっかりバランスがいいので、パイナップルが嫌いな人以外は、間違いないと思います。  是非皆さんも相手の好みが分からないときは、これを一つ入れてあげるとはずれませんよ。 お試しあれ。  http://lescles.jp/compoture/ananas.html  

さて質問です。いろんな表記がありますよね。。。。

 この写真見て何を感じますか??またどういう商品だと思いますか??        さて、今日はこのみかんの話から。  なんだか売れそうな感じしますよね。自然栽培ミカン。除草剤無使用って。  勘違いされたくないのであえて書きますが、このみかんの事否定してませんから。  で、何が言いたいかというと、表記から何を感じる事が出来ますか?っという事なんですよ。  何も考えないで、あぁ~なんか良さそうだなって思った方は、かなりまずいですよ。。。。  除草剤不使用って書いてありますが、他にはどんな農薬使ったかなんかは不明ですよね??  自然栽培ミカンって書いてありますが、自然栽培じゃないミカンって何なんでしょうね??  穿った見方するのではなく、あげ足をとるつもりもなく、ただ疑問な事を感じれる様な見方できないと、なかなか見えてこないと個人的には思ってます。  意外に、自分の視点で見てる様で、売り手側の視点で見させられてる事って多いので注意しましょうね。  今日は視点の話でした。 ちなみに、このみかん美味しかったですよ。レクレでは1番お安いミカンになりますよ。 甘いミカンは他のミカンになりますが。。。。。  

風邪が流行ってるので金柑でも??

   風邪予防には金柑って言うので食べてみましょうね。少し違うかも。。。。       宮崎産の金柑。甘酸っぱい美味しさです。それにしても綺麗です。お手頃の値段だし。 年明けには、ハーブ煮にして販売しますね。  ところで、昔って金柑、酸っぱすぎてあんまり美味しい記憶なかったんですが、最近のは美味しいですね。  もうすぐたまたま金柑も出てきますよね。あれは金柑じゃないぐらい甘いですが。。。。。 その時はまた紹介しますが、それにしてもネーミングって難しいですね。。。たまたま金柑って。。。。 商品企画の会議に出てみたいな。。。。その名前にしようって決めてる瞬間に。笑っちゃいそうですが。。。。。「たまたま金柑」 美味しいです。

たまには料理の話でも。。。。

最近季節がらよく質問されるのが、どのサツマイモが美味しいの??と。 で、レクレでは、今販売してるのは、紅あずま(宮崎産)、鳴門金時(徳島産)、安納芋(種子島産)なんですが、それぞれの特色は他のサイトを参照して頂いて、ここでは調理について書きますね。 この三種類のサツマイモでどれが一番甘いか分かります?? もちろん家庭で食べる場合は若干差が出るとは思いますが、どれもコツをおさえるだけで甘くする事が出来るんですね。 特別な事は必要ありません。 で、コツなんですが、まずは加熱の方法なんです。今回は茹でるという同じ方法でやるとします。 当たり前かもしれませんが、1、塩を入れる 2、沸騰させない(最初に沸騰させたら弱火にする) 3、必ず30分以上加熱を加える。 簡単でしょう??これだけです。専門的な事、芋の選び方は置いといても、これだけで美味しくなりますよ。 もちろん、この三つのポイントには科学的理由はありますが、気になる方はお店で聞いてください。もっと詳しくお伝えしますので。 レストランだと、これプラス、芋の選び方、産地の選び方、他の加熱の方法などを組み合わせるので、 家庭では出来ない美味しさに、仕上げる事が出来るんですね。。。。 ちなみに、メディアなどで安納芋が甘いとか、鳴門金時が甘いとかいろいろ言ってるみたいですが、そんなの、裏側にいる売りたい人の意見であって、 まずはそんな知識より加熱のやり方知ってた方が、実用的ですよと。 レンジで簡単ってやってしまえば、どんなにいい芋使っても、どれも五十歩百歩なので・・・・・ 勝手な主観ですが。。。  

大分県産ポンカンいい感じですよ~。

 本日はこれ。ポンカンです。それにしてもいい状態ですね~。レクレで今取り扱ってるのは、大分県産のポンカン。  何と言っても、甘味と酸味のバランスが抜群で、ジューシー。 このポンカンは今のところはずれてません。  きっと皆さんが思ってるより甘いですよ。 ポンカン好きにはたまらない逸品です。なので気になる方はお早めにどうぞ。  それにしても柑橘の季節ですね。美味しいです。 そういえば、冬至でしたがカボチャ食べました??冬至の事書くの忘れてましたが。。。。。  

本日は、ジャンボ愛宕梨なり

 見てくださいこのサイズ。。。分かりづらいかも知れませんが、かなりの大きさです(笑) ここまで育つんだなと呆れてますが。。。。贈り物に是非。なかなか見かけませんよ~!!興味のある方は是非。 で、味なんですが外れないと思いますよ。と言うのも、それ以外のサイズも取り扱い、販売していますが、かなり甘くみずみずしい、梨好きにはたまりませんよ。  この時期でも美味しいのはあるんですね。さすが生産者ですね。  それにしても、もう少し寒さが弱まれば、野菜の値段も落ち着くんでしょうが、まだまだ高いですね。。。。。