まだまだ続きます。。。。。

今回紹介するのは、大玉タイプの桃になります。 個人的にはやっぱりこれぐらいの大玉をかぶりつくのが好き。 しっかり香りも良いので桃好きの方はまだまだオススメです。今は、山梨産か香川産が当店の主流。 産地を気にしない方は、ぜひ食べ比べしてみるのも面白いかもしれませんよ。 同じ品種でも土地が違えば風味が違いますので。 桃を食べて暑さを乗り切ってくださいませ。。。。。。

大分県九重産栗南瓜入荷。

九重の栗南瓜入荷しました。 こんなに暑いとなかなか芋類は食べたくならないと、お思いのあなた。。。 揚げ浸しにすると、格別でしたよこの南瓜。ほんのちょっと柑橘の酸味を入れて、浸しのマリネの液体を作って浸すだけ。 南瓜嫌いな方もかなりオススメ。 煮物の南瓜を今夜は止めて、ぜひさっぱり煮浸しにでも。ちなみに他の野菜は、ししとう、ゴボウ、赤パプリカ、玉ねぎ、茄子などなど。。。。。 お好みでいろんな野菜も揚げ浸しして常備菜代わりに作ってみませんか?? という事で今回の栗南瓜オススメですよ。

福岡県産幸水入荷。

さて、今年も梨の季節がやってきました〜。 これから年明けまで、品種が変わりながら続いていきますよ。 先ずは初めは幸水。 比較的果肉は柔らかく、糖度が高めなのがこの梨の特徴です。 ピークは8月中旬からになりそうです。 はずれが少ない幸水なのでギフトに使ってくださいませ。 福岡県産幸水梨オススメですよ。。。。

今回で最後になりそうです・・・・

熊本県産アールスメロン入荷です。 さて、今回で九州産メロンも最後になりそうです。あとは季節が進むにつれて、産地も北上していきます。せっかく九州に居るので、九州のメロンを最後にいかがでしょうか?? 静岡産アールスメロンには劣りますが、それでも価格はお手頃ですし、まずまずの美味しさなのかなと。 カットフルーツにもすると思いますので、最後にぜひ九州産アールスメロン食べましょうね。。。。 熊本県産アールスメロンオススメですよ〜

八女産シャインマスカット入荷なり。

シャインマスカット入荷しましたよ〜。 上品な甘さと、種無しなので皮ごと食べれるのが特徴。しっかり身が弾けんばかりに膨らんで、見た目からも美味しそうな雰囲気が漂っています。 マスカット特有のさわやかな香りがたまりませんよ〜 文句なしに美味しいです。。。。。 それにしても、今回のはいつもより甘い気がします・・・・・ 八女産シャインマスカット食べなきゃ損でしょ!!

ワシントン レーニア チェリー入荷なり。

ついに入荷しましたよ。 チェリーの最高級品、レーニアチェリー。 いやはや、酸味と甘みのバランスが絶妙です。特徴としては、佐藤錦のような上品な味で、後味にチェリー特有の渋みがありません。 又、アメリカンチェリーよりも種が小さめで、しっかりボリュームがあり食べ応えがあります。 今回は、この時期に1度だけの入荷になりますのでお早めに〜 という事で、ぜひレーニアお試し下さいませ。。。。。 綺麗ですね・・・・・・・。  

減塩というキャッチコピーの向こう側

  今回は一定の商品を批判つもりでもなく冗談であり、独り言なので悪しからず・・・・・。 先ずは、とあるニュースのコピーから・・・ 減塩なのにこんなに旨い梅干しは、減塩でありながら梅干し本来のおいしさをそのまま残した梅干し。塩分を4%(当社比約40%減塩)に抑えながらもしっかりとした味わいで、ごはんのおかずやお茶うけに最適。梅干し愛好者も満足すること間違いなし。紀州産南高梅の小粒を使用しているので、おにぎりやお弁当にもジャストサイズ。 ただいま、好評につき期間限定で増量キャンペーンを実施中。   何だかよく見ますよね??こういう広告はどこにでもありますよね?? さて皆さんはどう思いどう感じるだろうか・・・・・。   という事でここから個人的偏見ですが。。。。。。 先ず基本的な所を押さえなければならないので、梅干しの本来の塩分濃度がどれぐらいあるかと言えば、農家の人に聞くと20%ぐらいまで塩を使うという方もいますが、一番多い答えは15%前後ぐらいでも十分カビなどは防げるとの事でした。(冷蔵庫に入れていれば変わりますが・・・・) さて、ここの従来の製品は塩分を4%(当社比約40%減塩)と書いてあるので、本来8%を切る塩分濃度だという事が分かる。これはこれで凄いが、さらに塩分濃度をカットして4%にしてあるみたいですね。 意味分かります?? 本来、長期保存の為に塩分濃度が15%ぐらいあればカビなどが防げるんです。なぜかと言えば、塩は殺菌効果があり腐敗防止に役に立つから使うのであり、もちろん味、色落ち防止、食感の保持などの役割があるから。塩分濃度を下げるとどうなるか・・・・・次の表示をご覧頂きたい。 梅 漬け原材料 食塩 還元水飴 発酵調味料 糖類(砂糖・果糖ぶどう糖液糖 たん白加水分解物 はちみつ 調味料(アミノ酸等) 酸味料 ビタミンB1 甘味料(ステビア) 野菜色素 (原材料の一部に大豆を含む) 所謂これが調味梅というものですね。 これは一例ではあるんですが、梅、塩、シソだけで出来る本来の梅干しも、実は健康志向の減塩ブームの向こう側では、このように塩を減らした分違う物が沢山入っている訳です。ここまでくると、減塩した商品の方が体にいいのか、塩が入っている方が体にいいのかは個人的価値観で判断せざる得ませんよね。 もっと言えば、干すという行程を踏まず、漬けるだけの商品もたまに見かけますが、こんなのはもはや『梅干し』ですらないですよね・・・・。本来の梅干しは漬けてしばらく寝かせなきゃ行けませんが、生産性向上の為に寝かせなくても良い製造行程に代え、人が美味しいと感じる様な調味料(アミノ酸)で味付けをし、減塩指向なので塩分を減らしそれでは保存が利かなくなるので、酸味料を加えて作っているんですね・・・。 梅干しの減塩について書いてみましたが、塩の意味を知っていたら商品選択する際、少しは役に立つかもしれませんね。

そろそろマンゴーも終了しますよ。

あっという間に、宮崎産マンゴーも終了しますね・・・。 さて品質も変わらずいいので、最後にマンゴーでもいかがでしょう?? 年に一度の自分のご褒美にでも。。。。。ぜひ特大サイズで。