山梨県産あんぽ柿入荷

すっかり紹介し忘れてましたが・・・・・   あんぽ柿はじまっていますよ・・・・。   特徴は、とろ〜っとした食感で、かなり糖度は高めになります 今回のものは種無しのものなのでかなりおすすめですよ   干し柿は個人の好みがはっきりすると思います 柔らかく甘いものが好みの方はこのあんぽ柿はおすすめですよ   固いものが好きな方は市田柿の方が好きかもしれませんね   お茶請けに最適のあんぽ柿 ぜひ一度はお試し下さいませ〜

長野県安曇野産サンふじ入荷しました

やっと安曇野のサンふじ入荷しました   写真で見て頂ければ分かる通り、凄く綺麗なサンふじ入荷しました。   食べた感想としては、やっぱり安曇野のサンふじは美味しい・・・・・香りも素晴らしかったです・・・・   最初は普通に安売りしているサンふじと食べ比べしてみる事をお勧め致します ほんとに違いますよ・・・・・   という事で長野県安曇野産サンふじ食べなきゃ後悔しますよ・・・・・  

徳島産菜の花入荷

菜の花が始りましたよ 個人的に大好きな野菜の菜の花なんですが・・・・・先ずは徳島産菜の花入荷しました   パスタやお浸し、炒め物から汁物まで何でも合うのでぜひお試し下さい これから年末にかけて値段も上がっていくかと思いますので ぜひ今のうちにお使い下さいませ〜   という事で菜の花でもいかが?

宮崎県産金柑入荷

今年も始りました 大玉サイズの宮崎産金柑入荷しました   今の時期は、これから出てくるたまたま金柑などの甘い金柑ではありませんが 皮のところはほのかに甘く、鼻から抜ける金柑の香りはたまりませんし、 しっかり寝かした金柑は酸味も優しくなっていくので   この時期寒くなって風邪ひきそうな方は、金柑食べて風邪予防でもして下さいませ   という事で、宮崎県産金柑おすすめですよ      

あなたが食べてるジャガイモサラダはジャガイモサラダ?

今回はジャガイモサラダについて。。。。。。   普段自宅でジャガイモサラダを作っている方は、もちろん自分が作っているので何が入っているのか知ってて当たり前ですが・・・・時間が無く買っている方も多いはず。 という事で、ジャガイモサラダの中身を見ていきましょう(笑)   例えば、約100g/100円で売っているみんな大好きイオンでは じゃがいも(国産)、マヨネーズ(卵・大豆を含む)、にんじん、玉ねぎ、醸造酢(りんごを含む)、砂糖、食塩、チキンエキスパウダー(大豆・小麦・乳成分を含む)、こしょう、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、pH調整剤、着色料(カロテノイド)、香辛料抽出物 こういったものが入っています。   では次にいろんなところで使われてそうな・・・・業務用ジャガイモサラダを見て見ますが じゃがいも、ドレッシング(植物油脂、醸造酢、砂糖、鶏卵、食塩、チキンエキスパウダー)、たまねぎ、にんじん、とうもろこし、砂糖、食塩、増粘剤(加工でん粉、タマリンドシードガム)、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分・小麦・大豆・りんごを含む)     今回は添加物がたくさん入っていますよ〜なんて事を言いたい訳ではなく(それは他のサイトにたくさん書いてあるでしょうから・・・)、ちょっとした考え方を覚えて下さい   例えば、スーパーで100g100円でジャガイモサラダが売っていたとしましょう。 これ、手作りしていると思います??(どこからが手作りか?という境界線は今回は置いといて・・・) 何となく、限りなくしていないだろう事ぐらい一般の方でも分かっているのではないでしょうか?   と言うのも、先ずジャガイモがをスーパーで安く買ったとして 500g198円ぐらいが限界でしょう。という事は100g約40円します。 ここから製造原価として含まれるものに人件費がかかってきますよね。   仮に、何の変哲もないジャガイモサラダを1時間かけて作ったならば(もちろん量にもよるので時間は何ともいえないところですが・・・) 仮にここ福岡ですとおよそ750円の時給が発生しそれも製品原価にのるんです。もちろん、火を使うので光熱費もかかりますよね?   という事は・・・・・ 単純に何の変哲もないジャガイモサラダを作ったとしても、40円+調味料代+人件費+光熱費+・・・・   利益は??・・・・・ だからこそ業務用のジャガイモサラダをちょっと手を加えて販売したりするんだしょうけど・・・・もしくは粉を練ってるだけなんでしょうが・・・・・。 そうしたら、光熱費はいらないし人件費も作っている訳ではないので、真空パックから出すだけだし・・・・みたいな広告を見た事ありますが・・・   と詳しく見ていく事はこれぐらいにしますが、考え方として今回例えで見ていったように 『逆算してものを見ていく』という事をやってみて下さい。   果たして本当にその価格で販売出来るのか?と。   もちろん一般の方には見えない部分も沢山あります。スケールメリットによる原価抑制だったりと企業努力もたくさんある事でしょう。   しかし、スーパーなどでみられるような大量のお惣菜を全て一から作るのは困難でしょうし、今時商品点数の少ないお惣菜屋又はお惣菜販売しているコーナーに対して消費者が購買意欲が湧かないという事もあり 既製品を多用している現実もあると思います   それは他の業界も同じ事で、例えばパン屋お菓子屋さんもそうでしょうが、お客さんのニーズの為か 沢山の種類の商品を作っていますよね?   大量に販売している店舗で、仮にパン屋だとクリームパンのクリームって卵を使ってちゃんと作っていると思います??確かにサルモネラの事もあり粉から作る気持ちも分からなくはないですが・・・・・ 逆算して考えると答えは見えてくると思います。   たとえば大量に販売している和菓子屋でも洋菓子屋でもいいですが、栗の時期に栗を剥いていると思いますか??和栗使用なんてわざわざ書いてあるもの見かけますが・・ これも逆算して考えてみるといいかもしれませんね。   今回はジャガイモサラダを例にして考えてみましたが、結果何が言いたいかと言えば、   所謂、『まともに作っていくこと』という事を消費者の方が考える必要があります。 なぜならば、何となくという曖昧な知識での評価基準(価格)が世間一般に蔓延し『まともな』評価基準(価格)がという事があやふやになっている気がします。   出来れば、   目の前の価格に対して自分自身が出来る範囲で構わないので、逆算し考え、その価格から納得して購入出来るのかどうか考えてみて下さい。毎回ではなくても構いませんので。   他に見てほしくないものが沢山あるせいか、値段だけしか見ないようにそれしか判断基準を持たないような販売方法を大手企業は行っていますが、 今の流れはどう考えたって変だし、そもそも一般認識と生産している側の評価基準(価格)はより一層乖離していく現状だと、最終的に損をしていくのは消費者なのかもしれません。   何をもって損をしているのかという事もあるかも知れませんが・・・・   かといって、全てを否定しているのではなく、きちんと考え思考を停止せずに買うのであれば個人の価値観なので問題ありません。 時間がないとかいろんな制約の中で皆生きていかなければいけませんしね   しかし、皆さんの思っている希望価格が、常識から逸脱してしまえば、企業努力という名の値下げ、 その裏では、製造工程の見直しによる原価の抑制という事をしなければなりません   そういった背景がみんな大好きイオンでは先に見て頂いたようなジャガイモサラダの中身になっていくんでしょうね・・・・・・(笑)   一度考えてみて下さいね。納得し購入すれば何の問題もありませんから・・・・・別に何も強制するつもりもありませんし・・・・・                  

新潟県産おけさ柿入荷

新潟県産おけさ柿入荷しました。   和歌山の平柿のそうですが、本来渋柿なんですが炭酸ガスやアルコールにより渋を抜いて出荷してあり、 そのせいで普通の甘柿と比べても負けないくらい糖度は高めになります。   ただ、シャキシャキの柿ではありません   シャキシャキの柿が好きな方には向いてないかもしれませんが、個人的にはとてもお勧め出来る柿です 種も無く食べやすく糖度も高め。   柔らかくなった平柿の甘さは尋常ではありません。熟柿が好きな方はおけさ柿で試してみて下さい 必ずハマりますよ・・・・・   とにかく新潟県産おけさ柿お試しあれ  

山口県下関産海老芋入荷

今年も海老芋の季節がやってきました 今回入荷したものは山口県下関産の海老芋です   皆さん海老芋って知っていますか?海老芋とは里芋の品種です 海老芋は肉質のキメが細かく、煮込んでも煮崩れしにくくねっとりとした食感が特徴的なんですね   この食感を知ったら普通の里芋では物足りなく感じるかもしれませんよ・・・・・   とにかく一度お試し下さい   山口県下関産海老芋お試しあれ。

山口県産岸根栗入荷

山口県産岸根栗入荷してました   特徴はしっかりと大きめでふっくらした形、一般的な栗に比べて比較的遅くに市場に出回ります   今回入荷したもので今年最後の栗になります あっという間の栗のシーズンでしたが皆さんは沢山栗召し上がられましたでしょうか? 個人的には沢山渋皮煮を作り・・・・・・手が痛くなり・・・・来年はこんなに沢山作らないと決めたシーズンでした・・・(笑)   とにかく、栗もいろんな種類がありますので是非一度は食べ比べしてみて下さい   という事で山口県産岸根栗(がんねぐり)お試しあれ〜