あっという間に年末ですね・・・

今年も早いもので終わろうとしてますが・・・ 一年は早いな。。。。。   時間がないので少しだけ。     『学べば学ぶほど、知れば知るほど、考えれば考える』ほど 『分からなくなりそうな事が沢山』あったり   『体にとって悪いもの』ほど 『食べたくなって依存』してしまったり   『知らなきゃいけない事』ほど 『隠してあって知る事ができない』ようにされてたり   『分からない事』『自分の知らない事』を 分からなかったり知らなかったり   『毒』があるものほど 『綺麗』だったり     ほんと世の中天の邪鬼だ・・・・   なので、 店主は来年もより一層天の邪鬼になり世の中にあわせる事無く、〜ぽいや、〜風などと言われぬ様に来年も精進致します(笑)     冗談はそれぐらいにして・・・・・   本年中のご愛顧に心よりお礼を申し上げるとともに 来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます   では良い年末年始をお過ごし下さいませ 皆様のご来店心よりお待ちしております     Les Cles 店主        

新潟県産ルレクチエ入荷

ルレクチエ入荷してました・・・・ やはり絶妙の味でした・・・芳醇な香り、濃厚な甘み、とろける食感・・・・絶妙です・・・・ もう入荷が終了してますので、残りあとわずかなのでぜひお試し下さいませ〜   この味を知らないと損しますよ・・・・・本当に美味しいから・・・ぜひ    

大分県日田産晩三吉梨入荷

今回は大分県日田産晩三吉入荷してました   これで梨は最後の品種になりますよ   日持ちもする品種の為、晩三吉は贈答用には向いてるのかもしれませんね   梨好きの方は最後にこの晩三吉を食べて食べ納めでもして下さいませ〜   という事で日田産晩三吉お試しあれ〜

円安から見る食・・・・続き

前回の続きを・・・・たまにはもっと詳しく書けと言われましたので・・(笑)少しだけ。。。   前回はつらつらと円安について書いてみましたが、もう少し違う側面を書いてみます 先ずは下のグラフを見て下さい   このグラフは過去5年間の人民元/円の為替レートチャートになります :(注釈)縦軸が人民元の価格(単位円)で横軸は年表 なかなか為替レートを見る機会がない方も多いかと思いますが・・・・   ここ数年じわじわと円に対して人民元が強くなっているのが分かりますよね?   ここ2年前まで約1元=12,5円だったんですね。だから以前は人民元安と安い人件費を使って中国で割安で生産したものを日本に輸入するビジネススタイルが主だったと思います。 しかし、今現在1元=20円を突破しようとしていて、人民元高と高い人件費という事もあり過去のビジネスモデルが崩れてきているのはグラフを見て頂けるとお分かりだと思います。 もちろん政治的介入が無くこのままの状態が続けばという事ですが・・・・   なぜ今回人民元のグラフを見て頂いたのかと言えば、この2年でおおよそではありますが50%近く人民元が上がってきていて、中国からの輸入はコストが上がってきている現状があります。 中国産を多く使うような大手ファストフードチェーンの値上げはこの人民元高からきていると言っても過言ではなくて、これが現実なんです(その他の要因ももちろんあります)   なので、今まで散々中国産を使って製造し、国内で販売していたところが一番困っているんですね・・・・まあ、このことは中国産に限った事ではありませんが・・・・ 円安だ円安だと言って、価格面で商品に転化出来ず泣く泣く値上げしているように見えますが、それだけではなく、人民元高にもなりダブルで苦しんでいるんです。 今まで散々安さだけを売りにしてきたところは、値上げすれば確実に客足は遠のくでしょうし、そういった企業倫理だと次はどんな仕組みで誤魔化し販売してくるのか・・・ある意味見物ですが・・・・   知識をつけた皆さんは、しっかりとそういった怪しい企業を、ニヤニヤしながらただ眺めてあげる必要があります この場合は、決して消費者は大きな声を上げる必要も無く、もう少し泳がせ、ニヤニヤしながら見るだけの方が、消費者を馬鹿にし、安くすれば何でも買うと思ってる企業にとっては一番つらい事だと思いますし・・・・・・・(笑)   いつも言っている通り、経済のニュースは必ず迂回してあなたのもとへやってきます。 ただ流れている流されているニュースを、どう見るかどう見させられているかを考える力こそ今の時代には必要なのかもしれません。          

鹿児島県産ハウス金柑入荷

今回入荷した物は鹿児島県産開運きんかんです   開運なんですって・・・・   味は普通のきんかんなんかと比べるとやはり美味しく、比較的甘いのが特徴です   皆さんもきんかんを食べて開運して下さい・・・・・(汗)   とにかく美味しい鹿児島県産開運きんかんお試しを  

熊本県八代産晩白柚入荷

  今年も八代産晩白柚入荷しました   巨大な柑橘こと晩白柚 まさに果実王!って去年も書いた気がしないでもないですが・・・・   とにかく、八代産の特徴は香りがよくジューシーで、酸味と甘味のバランスが良いんです・・・・ 個人的には食べた時のサクサクした身の食感が好きで・・・   皮も使える晩白柚   贈り物にでもいかがでしょうか? まだ食べた事ない方は 一度は熊本県八代産晩白柚お試し下さいませ〜    

高知県産くろしおすいか

  今回入荷した物は高知県産くろしお西瓜です   こんな時期に?なんて言われそうですが・・・・ 冬の時期だってスイカはあるんです・・・もちろんハウス物ですが   写真では切れてしまって分かりづらいですが、蔓の感じからボンボンスイカと同じで立体栽培なのかな・・・・   スイカ好きの方に贈り物としていかがでしょうか??   甘い高知のスイカお試しを〜

円安から見る食

  今回は選挙でしたし、ここ最近よく聞く円安という事を見ていきます   円高円安と言っても一長一短があるのは当たり前ですが、八百屋としての影響は単純に書くと 全てではないにしても『輸入物』の値段は強くなってきています   当たり前ですよね。 円安だと為替の関係で海外のものが高くなるからなんですが・・・・ 食品で、円安になり価格を維持出来なくなったので値上げします〜なんてニュースを最近見た事ありますよね?   ここ数年円高のせいで、国内で材料を調達して作るものより海外の安い人件費又は材料などを使って海外で生産しているものがもの凄く増えていたんです。   その方が安上がりですから。   一般の方は、安けりゃいい〜なんて思う方も多いかもしれませんが・・・・・ 確かに消費者だけにとってみたら安いに超した事はないのでしょうが、 そういった人が増え過ぎてしまっている現実として   いつも言っていますが「適正値がずれる」という歪みが出てきています。   簡単にいうと、安い食材を探して家で作るより、手間代も 場合によっては材料費も余計にかかるはずの総菜が安い場合があります。   家庭で作るより買った方が安いって変だと思いませんか? もちろん、色んな状況もあるので一概には言えませんが・・・。   しかし、よく考えてみて下さい。   例えば鶏の唐揚げを作るとしますよね。 簡単に書いていきますが・・・・ 鶏肉を買って味付けして揚げると唐揚げですよね? この手間省きたい!と言う事で、冷凍食品を買ったり、又は唐揚げ屋さんに行くんでしょうが・・・・   先ず、ここで大切なのは、鶏肉の値段を知ってるか知らないかで商品価格の適正値がずれてきます。 国産がいくらで外国産がいくら、もも肉がいくら胸肉がいくらまで知っていると あなたの買っている唐揚げがどんな物か分かるでしょう。   もっと言うと、円高だと国内の工場で加工するより 海外の工場で加工して輸入する方が設備費も人件費も安くなるということもあります。 そういった値段を知った上で冷凍食品又はお惣菜の唐揚げを見て下さい。   グラム単価いくらですか?   ここまで知ると、皆さんの理想と現実が乖離しているかどうかすぐに分かるはずです   全ての加工食品に言える事なので 一度必ず考えてみて下さいね     誤解を恐れず言えば、個人的には円安にある程度進めばいいと感じます。 もちろん、節約しやすい食品から買い控えが起きて食品業界が少々厳しくなるだろうことを承知でそう思います。   それは、ある一定のラインまで円安進んだ方が、今まで散々「安売り」という麻薬のような物で思考停止している現実から脱出出来るチャンスかもしれない、というのが一つの理由です 。 もちろん、企業はお客さんの為に価格面でも努力すべきですし、ただ高ければ良い物だというのは論外なのは言うまでもありませんが・・・   ここで誤解してほしくないのは 外国産だから悪いなんて事を言いたい訳ではありませんし 国産だから安心ということを言いたい訳ではありません。 一方的な視点でものを見るのではなく『知る』事が大切だと感じます       今、円安の影響で、皆さんが食べている物の中で国産か外国産か分かりやすくなってきています。   例えば、大量販売している練り物なんかはほぼ国産ではないでしょう。 消費者の意識が変われば、ある意味変に誤魔化して販売しているところが淘汰されるのは間違いありません 値段には理由がありその理由はシンプルだから。     まさか・・・・・あなたは、「円安や円高なんて私には関係ない」と思っていませんよね?   このままだと来年1月に大幅に値上げするところが続々と出てくると思いますよ。 気付かない人も多いかもしれませんが・・・・ 商品によってはグラム数を減らしたり、別の何かでかさ増ししたりするでしょうし・・・・・   いつもながら当たり前の事、つまらない事をつらつら書きましたが・・・・   残念ながら、偏向思考な情報を鵜呑みにしたままだと、消費者の選択肢は増々無くなっていくという事は間違いありません あまり色々と考えない方が楽なんで消費者意識が変化する事はないでしょうし いつの時代もパンとサーカスだしなと感じなくもないが・・・