そもそも農薬って??

投稿日:

 

今回は農薬について考えていきます。しかし、生産者ではないので、もしかしたら今現在の状況と違うかも知れませんので、販売者側の視点で書いているという事を理解して下さいませ。。。。

 

一般の人も我々流通業に携わっている人も、農薬については完全に理解している人はいないように感じます。

 

例えば、無農薬有機栽培専門に扱って販売しているお店ってありますよね?

往々にして元々農業とは縁のない方が、最近のメディアが垂れ流す似非農業に感化されてか知りませんが

ある意味こだわってそろえているんでしょう。だけど、果たしてそれって本当に良いのかなと??感じるような事があります。

こういった人が増えれば増えるほど一般の方には誤解が生じるのかも知れません。

もちろん、無農薬栽培や有機栽培に詳しく責任もって販売している人もいるのでしょうが・・・

 

という事で、先ず皆さんに押さえて頂きたいのは、そもそも農薬とは??という事だと思います。

 

農薬とは

農薬取締法では、「農薬」とは、「農作物(樹木及び農林産物を含む。以下「農作物等」という。)を害する菌、線虫、だに、昆虫、ねずみその他の動植物又はウイルス(以下「病害虫」と総称する。)の防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤(その薬剤を原料又は材料として使用した資材で当該防除に用いられるもののうち政令で定めるものを含む。)及び農作物等の生理機能の増進又は抑制に用いられる植物成長調整剤、発芽抑制剤その他の薬剤をいう。」とされ、また農作物等の病害虫を防除するための「天敵」も農薬とみなす、とされています。(農林水産省ホームページ参照

ア  殺虫剤 農作物を加害する害虫を防除する薬剤
イ  殺菌剤 農作物を加害する病気を防除する薬剤
ウ  殺虫殺菌剤 農作物の害虫、病気を同時に防除する薬剤
エ  除草剤 雑草を防除する薬剤
オ  殺そ剤 農作物を加害するノネズミなどを防除する薬剤
カ  植物成長調整剤 農作物の生育を促進したり、抑制する薬剤
キ  誘引剤 主として害虫をにおいなどで誘き寄せる薬剤
ク  展着剤 ほかの農薬と混合して用い、その農薬の付着性を高める薬剤
ケ  天敵 農作物を加害する害虫の天敵
コ  微生物剤 微生物を用いて農作物を加害する害虫病気等を防除する剤

農薬とは平たく言えば農業をする為の資材なのだと思います。だからこそ、農作物等の病害虫を防除するための「天敵」も農薬とみなすと書いてある気がします。この辺りが皆さんが思っている農薬とイメージが違うかも知れません。

農薬と言えば全て何だか『薬剤』のような雰囲気ですが、実は定義上違う事があるということです。

 

次にもう一つ皆さんに理解して頂きたい事があり、それは農薬の登録制度についてです。

『農薬は、その安全性の確保を図るため、「農薬取締法」に基づき、製造、輸入から販売そして使用に至る全ての過程で厳しく規制されます(従来は販売規制が中心でしたが、平成14年12月の法改正で製造・輸入・使用の規制が加わりました。)。その中心となっているのが、「登録制度」です。これは、一部の例外を除き、国(農林水産省)に登録された農薬だけが製造、輸入及び販売できるという仕組みです。』

 

図5 農薬登録のしくみ

農薬の安全を図る為に農薬取締法により規定されているように、上の図のような検査審査された農薬が登録されている農薬になり、それ以外は無登録農薬になります。

無登録農薬は登録農薬と比べて審査されていませんので、危険性などは全く未知数なのは言うまでもありません。

 

ここに登録されている農薬を使っていなければ、果たして無農薬栽培になるのでしょうか??

 

 

長くなってきましたので・・・・・・・

 

農薬の定義をまずわかったところで、次回、無農薬栽培について考えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です